川越の住宅


m_house_10.jpg
友人Mくんの住宅です。
相談があった時、もう住宅メーカーの図面ができていて、工事も2週間後にせまっている、がどうも気に入らないという。敷地は南北に狭く、東側が道路に接している。
メーカーのプランは、南に庭を設けているため建物は東西に細長く、庭も奥行きがあまりとれていません。
これでは南側の庭も隣家の影になって楽しくない。
建物自体も各室が狭くその割りに廊下が長い。
すぐにまとめた
スケッチとパースを、彼は気にいってくれて、2週間ほどで図面をかきあげました。
建築条件付きの物件だったので、建築費の一部を土地に回すことで話をつけ、少なくなった建築費で工事は始まりました。
暖炉・ストーブは消えたけど、がっちり組まれた骨組みは全て120×120の柱の在来工法にツーバイフォーの屋根、隣地との遮音を考えて壁は全てプラスターボードの2枚貼り。
寝室のある1階はプライベートな庭に面していて、庭から2階の食堂に螺旋階段でアプローチができるようになっています。
2階食堂・リビングの日当たりと眺めはとてもよく、ロフトは彼の書斎となっています。


m_house_07.jpgm_house_08.jpg

m_house_06.jpgm_house_09.jpg

川越の住宅

木造2階建
敷地面積  : 90.65u
2階床面積 : 43.04u
1階床面積 : 39.33u
延床面積  : 82.37u


月刊ハウジング
撮影:松本 眞



return


sd-banner.gif

SHO_DESIGN_WORKSHOP

有限会社 匠デザイン工房 一級建築士事務所

    代表取締役  倉坂 充