町田の住宅


昔から上棟式のたびに思うことがありました。
せっかく骨組みがこんなに美しいのに、プラスターボードなどの仕上材で隠してしまうのはもったいない。柱や梁などの構造材をあらしとすることで、木が呼吸し、建物が長持ちするはずだと。材木関係のお仕事をされているオーナーはこの話に大変理解を示してくれました。それどころか、木が育つのに100年かかるのだから100年もつ家をつくらなければ木に申し訳ない、とお話を伺うほどでした。
この住宅は構造材を殆ど全てあらわし、としています。
また仕上材も杉などの木材を使い、100年もつ家をめざしています。

t_house_04.jpg
t_house_08.jpg
町田の住宅

木造2階建
敷地面積  :150.95u
2階床面積 : 55.88u
1階床面積 : 60.15u
延床面積  :116.03u

t_house_11.jpg
t_house_05.jpg




return


sd-banner.gif

SHO_DESIGN_WORKSHOP

有限会社 匠デザイン工房 一級建築士事務所

    代表取締役  倉坂 充